気軽に購入できる仏壇

並んだろうそく

バブル経済時期、現代に比べ仏壇は高い価格のものが好まれていました。最近では、洋間にもおけるようなスタイリッシュなデザインが人気です。また、インターネットなどで気軽に購入できるなど、現代の仏壇市場は日々変化しています。

この記事の続きを読む

見積もりを取る

石に置いた線香

葬儀を行うときには、スタイルを決めることが大切です。その中には、家族葬があり、事前に見積もりを取ることが大切になります。また、業者によっては、安くなるので、事前に調べておく事が大切になります。

この記事の続きを読む

お墓の引越し

提灯

古いお墓から新しいお墓への引越し。やることといえばお骨を移動させることだけですが、それが完了するまでにはこまごました手続きが必要です。というわけで、その仕事を専門に引き受けるプロが登場します。

この記事の続きを読む

魂が宿るもの

ベンチに座るシニア夫婦

快適な環境で故人の供養をすることができる神奈川の霊園がこちらです。気軽にスタッフとお話しができる環境が魅力的です。

お墓を購入するなら、妥協のない環境選びを行ないましょう。埼玉で霊園を探している方などはこちらに相談をすることをおすすめします。

最近、葬儀に変化が起きています。家族だけで葬儀を行なう家族葬を、現在では多くの人が選択しています。身内のみで行なうことでゆっくりと最後の時間を過ごすことができます。遺品整理や葬儀を終え、次に必要になるのが仏壇です。主に長男夫婦が仏壇を受け継ぐことが一般的ですが、明確な決まりがないため、一概にも必ずそうしなければいけないとはいえません。また、仏壇はその取扱いにもいくつかの注意事項があります。住居を引越しする際、家具や家電などは自由に新居に移すことができますが、仏壇に関しては注意が必要です。仏壇にはご先祖様の魂が宿っていると考えられています。その魂をないがしろに扱っては罰が当たるといわれているため、引越しの際はまずお坊さんに来てもらい魂を抜いてもらう必要があるのです。魂が抜かれた状態の仏壇は、他の家具や家電同様無機質な「物」になります。そこでようやく仏壇を新居に運ぶことができるのです。

上記のように魂を扱うものはきちんとした決まりが定められているのでそれらに従う必要があります。仏壇同様、お墓に関しても注意が必要です。東京や名古屋、堺市などさまざまな土地にあるお墓は、地域によってその金額などが異なります。さらに、お墓が自宅から遠い土地にある人は、お墓参りが困難だといえます。そこでおすすめなのが「納骨堂」です。納骨堂では、室内で骨を管理してもらうことができるので野外でのお墓に比べると気軽にお墓参りにいけます。その上、最近ではネット上でお墓参りができるものなど最新設備が整っているため、若い世代の人でも馴染みやすい雰囲気となっています。中には遺影をスクリーンで映し出すところがあり、いつでも当時の思い出に浸ることが可能です。納骨堂の魅力はなんといってもその価格です。お墓を建てるよりも安い価格で骨を納めることができます。

大切な終活は、法律のプロにアドバイスを委ねましょう。各地でセミナーを開催しているので、直接必要な準備を学んでみませんか?

納骨堂をしてくれるところを探したいと思っている人は、こちらを利用しましょう。ランキングとなっているので、一目で人気が分かります。

ページのトップへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加