お墓の引越し

提灯

引越しはプロの力を借りましょう

お墓の引越しは簡単ではありません。 まず移転先の墓地を探すのはもちろんですが、それよりも現在あるお墓が手間がかかります。 親戚への引越しの許可取り、墓地を管理するお寺へのあいさつと許可取りにはじまり、基本的に古い墓石は移転先では受け入れて貰えないので、古い墓石をどうするのかなど、事前に準備することがたくさんあります。 そのため遺骨だけを移転させる改装が人気となっています。 基本的に現在あるお墓への対応は自分が行動しなければいけませんが、引越し先選びや霊園への対応は専門業者の力を借りることができます。 ネット経由で資料請求や申し込みを受け入れている業者が多いので、業者のホームページから対応する地域やサービスなどを吟味して引っ越し業者を選びましょう。

お墓に対する意識の変化

住まいの近くにお墓を引っ越したいと望んでいるのは、お墓が遠くてなかなかお参りに行けない人たちです。 遠くて年に1度しかお参りできなくても先祖代々受け継がれてきたものを守るのか、近くに移転させて年に何度もお参りをするのかを比べた時、後者の意見を採用する人が増えてきました。 それは田舎のお墓の管理の難しさ、お寺への対応の手間、お墓に対する意識の変化があげられます。 特に若い世代におけるお墓に対する意識の変化は顕著で、伝統よりも快適さを求めるように変わり、引越しに抵抗のない人が多くなっています。 現代では遺骨だけ預けタイプで、交通の便が良い共同墓地が、管理の手間も省けお参りもしやすいため人気となっています。

ページのトップへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加