管理がしやすくなる

彼岸花

少子高齢化や核家族化の進展などにより、お墓の維持管理も大変ですので納骨堂に遺骨を納めて永代供養をお願いする人は増加しつつあります。納骨堂を選ぶポイントはいくつかありますが、まずは遺された遺族がお参りしやすい比較的アクセスの便利なところにある納骨堂を選んだりする、さらにお供え物をたくさんおさめようとする人には位牌をおさめることのできる仏壇型を選ぶなどといった工夫があります。 供養の方法や供養をお願いする寺院の方針についてもさまざまありますので故人の遺志に従った形で供養してもらえるところを選択します。 このような工夫のメリットは、後々子孫がお参りしやすくそして故人の遺志を継ぐおとができるということです。

納骨堂にはロッカー型や仏壇型などありますが、その種類は増え、値段も多角化しています。核家族で法要にかけられる予算があまりなくても選べるお手頃なロッカー型の納骨堂も増えてきています。 現在では、立体駐車場のように自動搬送式の納骨堂もあります。お参りをしたときにカードをかざすとご遺骨が自動的にお参りのスペースに出てくるという仕組みです。そのため、自分のしたいときに邪魔されずにじっくりお参りすることができます。 納骨堂のある建物には会食スペースを持っているものも増えてきており、法事の際の法要についても食事まで同じ建物で終わらせることができますので手軽で便利です。 納骨堂には線香やお供え物が用意されており、手ぶらで来られるところも増えています。

ページのトップへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加